WindowexeAllkiller.com
English | Português | 한국어


WindowexeAllkillerを使用して [SoundService1] 簡単に削除する

English - 日本語 - Português - Español - 한국어

* このコンテンツは、「グーグル」の翻訳を利用したもので、伝えたいメッセージが正しくない可能性もあります。
* WindowexeAllkillerの使い方(下記の内容)を正しく修正してメールで送ってください。詳細な情報については、メインページ の英文マニュアルを参照してください。
* このページにあなたが作成したコンテンツが掲示します。あなたのホームページまたはブログのアドレスを教えてください。
* あなたのホームページやブログに詳細な使い方を作成してくださればこのホームページの右上にあなたのホームページをリンクいたします。
* e-mail : windowexe@windowexe.com



サービス 名 : SoundService1

[00-PROCESS]**SoundService - C:\Program Files\Phone spy 95\SoundService.exe
[05-SERVICE]**SoundService1 - C:\Program Files\Phone spy 95\SoundService.exe

「Windowexeallkiller」というプログラムをダウンロードして実行すると、これらのファイルを見つけることができます。一致しない場合がありますが、同じような項目が少なくとも1つはあるでしょう。 これらを削除するには、下記の「WindowexeAllkillerについて」を必ず読んで、その後「Windowexeallkiller」をダウンロードし、プログラムを実行してください。 そして、これらのチェックボックスにチェック解除します。
上記の項目のチェックを外して上部のボタンを押すと削除されます。 ID:84653





WindowexeAllkillerについて

WindowexeAllkillerとは、ユーザが削除するのは難しい悪意のあるプログラムを簡単に削除することができます。
システムにインストールされたプログラムの中には、一般的なプログラムもあるが、そうでない悪意のあるプログラムも存在します。
そうでない場合もありますが、あなたがこのホームページ来るようになった理由は、おそらく1つ以上のプログラムを削除したくて来たと私は思います。

そのため、あなたは削除したいプログラムが悪意のあるプログラムかどうかを見分けることができなければなりません。
このプログラム[WindowexeAllkiller]が悪意のあるプログラムかどうかを区別する自動化されたプログラムでもありません。 このウェブサイトでは、悪意のあるプログラムのデータベースが多く登録されているが、一般的によく使用されるプログラムも登録されています。このサイトも、悪意のあるプログラムであるかどうか区別するサイトがありません。 登録されているデータベース項目を削除する方法が案内するだけで、ユーザーが自分で判断する必要があります。
例として"Adobe Reader Update"、 "PDF Reader"、 "Symantec Backup"、"AMD Event Utility"などような一般的なプログラムも登録されているので、これらのものは削除しないでください。
一般的なプログラムを削除する場合、コンピュータに重大なエラーが表示なる場合もありますので注意してください。

このプログラムの中核は、設定値を最初に作成して、以前の設定値と現在の設定値を比較して「TRUE」を返していないものをすべて削除する仕組みです。一種のスナップショットのような方式です。
プログラムをシステムから完全に削除するのではなく、Windowsの起動時にプログラムがロードされないように「無力化」させるプログラムです。
また怪しいsvchost.exeプロセスを確認して簡単に削除することができます。
使いやすく非常に強力なプログラムですが、初心者がこのプログラムを使用するには注意が必要です。
そして、このプログラムは、ウイルス対策ソフトはありません。アドウェア・マルウェア・悪意のあるプログラム・トゥロジャンダウンローダなどを簡単に削除できる強力なプログラムですが、ユーザーが使い方を正確に理解する必要があります。考えずに何でもチェックボックスにチェック解除しないでください。
もしこのプログラムを誤って使用して深刻な問題が発生した場合、システムの復元機能を使用して復元してください。




最初にファイルを実行すると、実行中のプロセスとシステムにインストールされたスタートアップ・ブラウザヘルパーオブジェクト・ツールバー・サービス・タスクスケジューラなどがリストに表示されます。

ご注意事項:
チェックボックスにチェック解除 = 削除
チェックボックスにチェック = 削除されない
逆に理解しないでください。このプログラムを誤って使用すると、システムが正常に動作しなくなる場合があります。


* セクションごとにオプションが少しずつ異なります。00、01、02、03、04、05、06、07、08が慎重に読んでください。

[00-PROCESS]
実行中のプロセスの一覧、システムプロセスはリストに表示されません。
* チェックボックスにチェックするとプロセスを終了しません。

[01-HKCUREG]
HKCU\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run スタートアップの項目
* チェックボックスにチェック解除した項目を削除します。

[02-HKLMREG]
HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run スタートアップの項目
* チェックボックスにチェック解除した項目を削除します。

[03-BHOCLSD]
エクスプローラのブラウザヘルパーオブジェクトの項目
* チェックボックスにチェック解除した項目を削除します。

[04-TOOLBAR]
エクスプローラのツールバーの項目
* チェックボックスにチェック解除した項目を削除します。

[05-SERVICE]
サービスの項目
- 最初のカラムの背景色(LightCyan):サービスのスタートアップの種類(ブート/システム/自動)
- 最初のカラムの背景色(LightYellow):サービスのスタートアップの種類(手動)
- 最初のカラムの背景色(LightGray):サービスのスタートアップの種類(無効)
- 最初のカラムの前景色(Red):Windowsの基本的なサービスを除いた残りのサービス
- 二列目の前景色(VioletRed):現在実行中のサービス
- 二列目の背景色(LightBlue):マイクロソフトのdllファイルではなく、サービス
* チェックボックスにチェック解除した項目を削除します。

[06-TASKLST]
タスクスケジューラの項目
* チェックボックスにチェック解除した項目を削除します。

[07-STARTUP]
グローバルのスタートアッププログラム
Windows xpのフォルダ
- %USERPROFILE%\スタートメニュー\プログラム\スタートアップ
- %ALLUSERSPROFILE%\スタートメニュー\プログラム\スタートアップ
Windows Vista/7/8のフォルダ
- %APPDATA%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup
- %ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup
* チェックボックスにチェック解除した項目を削除します。(バックアップフォルダに移動)

[08-POLICYS]
ローカルグループポリシーのスタートアップ項目
- HKCU\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\policies\Explorer\Run
- HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\policies\Explorer\Run
* チェックボックスにチェック解除した項目を削除します。

[16-SEARCHS]
インターネットエクスプローラの検索プロバイダ項目
* チェックボックスにチェック解除した項目を削除します。

[17-CONTEXT]
インターネットエクスプローラのコンテキストメニュー項目
* チェックボックスにチェック解除した項目を削除します。

[18-EXTRABT]
インターネットエクスプローラの拡張ボタン
* チェックボックスにチェック解除した項目を削除します。

[19-EXTPLUG]
クロムの拡張機能のエントリ
* チェックボックスにチェック解除した拡張機能を無効にする。

[20-SHELLOP] [21-SHELLEX]
Shellの拡張メニュー項目
* チェックボックスにチェック解除した項目を削除します。

[37-APPCERT]
HKLM\...\Session Manager\AppCertDllsキーのロードされたdllファイル項目
* チェックボックスにチェック解除した項目を削除します。(再起動が必要)

[40-WNLOGON]
* チェックボックスにチェックすると、HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogonレジストリキーの「Shell」と「UserInit」の値をデフォルト値に設定(システムドライブがC:\の場合のみ、Shell=explorer.exe , UserInit=C:\Windows\system32\userinit.exe,)

[41-APPINIT]
* チェックボックスにチェックすると、HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\WindowsレジストリキーのAppInit_Dllsの値をデフォルト値に設定。デフォルト値は、"" 無し。(Zero length)

[42-RMHOSTS]
* チェックボックスにチェックすると、%WINDIR%\system32\drivers\etc\hosts ファイルを削除して、デフォルトのファイルを作成。

[45-HOMEPAG]
* チェックボックスにチェックすると、IEのホームページアドレスを設定、生成されたテキストファイルを開いて編集。

[46-SECHOME]
* If LEAVE IT CHECKED, does not remove Secondary Start Pages.

[50-TYPEURL]
* チェックボックスにチェックすると、Internet Explorerのアドレスバーに入力したURL履歴をすべて削除。

[51-RECYCLE]
* チェックボックスにチェックすると、ゴミ箱を空にする。

[52-CLEARIE]
* チェックボックスにチェックすると、Internet Explorerの履歴をすべて削除。(保存されたフォーム、保存されたパスワード、クッキー、Internet Explorer 7 バージョン以降)

[53-CLEARDO]
* チェックボックスにチェックすると、マイドキュメント履歴をクリアします。

[80-FAKEEXE]
C:\Windows\system32ディレクトリで実行されていない他のsvchost.exeプロセスは削除されます。(Backupフォルダに)
例示
C:\Windows\system\svchost.exe プロセスがあれば終了後に削除
C:\Windows\svchost.exe プロセスがあれば終了後に削除
* チェックボックスにチェックすると、怪しい「svchost.exe , csrss.exe , dllhost.exe , spoolsv.exe , smss.exe」プロセスを削除しない

[98-LASTRUN]
ユーザー定義プログラムの実行
* チェックボックスにチェックすると、1秒間隔で順番にプログラムを実行します。生成されたテキストファイルを開いて追加、編集可能。

[99-ADDTASK]
* チェックボックスにチェックすると、このプログラムをスタートアップに登録。


一覧から信頼する項目だけチェックボックスにチェックしてください。チェックボックスにチェック解除した01、02、03、04、05、06、07、08の項目はすべて削除されます。




「05-SERVICE」項目の背景色が明るい青色で表示されるのはsvchost.exeプロセスが使用するdllのサービスファイルがマイクロソフトから提供されていないファイルです。
一般的なサービスファイルもあるが、そうでないファイルもあるので、Googleでdllファイル名で検索してください。



削除したい項目をチェックボックスにチェック解除して、上部のボタンを押すと、現在の設定がテキストファイルで保存され、チェックボックスにチェック解除した項目がすべて削除します。
今後、実行時には何の画面も表示されず、生成されたテキストファイルに基づいてデータが削除します。
管理画面を再確認するには、実行フォルダの「WindowexeAllkiller.txt」テキストファイルを削除して実行してください。

削除された項目のバックアップ
削除されたスタートアッププとサービスの項目は、「Backup」フォルダに保存されます。 ブラウザヘルパーオブジェクト、ツールバー、エクスプローラ拡張ボタン、タスクスケジューラの項目はバックアップされません。 削除されたサービスを復元するには「servicename.reg」ファイルをダブルクリックした後、システムを再起動してください。


拡張メニュー
Browse this file - 選択した項目のファイルを開く
Copy list to Clipboard - クリップボードにコピー
Disable this Service - 選択したサービスを無効にする

Windows vista/7/8 システムでは、必ず管理者として実行してください。

WindowexeAllkiller ダウンロード
WindowexeAllkiller.zip

Windows xpで動作し、エラーが出る場合 .Net framework2.0をインストールしてください。
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=16614

WindowexeAllkiller紹介動画(英語)
スタートアップ、ブラウザヘルパーオブジェクト、ツールバー、サービス、タスクスケジューラを簡単に削除する動画




WindowexeAllkillerは、これらのファイルを削除するごとができ、および他の多くのことができます。
[01-HKCUREG] - IHIRADUR - C:\OSSTEM\HANAROOK\IHIRADUR\IHIRADUR.exe
[01-HKCUREG] - Stealth Browsing External Proxy - C:\Users\Administrator\Documents\VIP Anonymity\VIPAnonExtProxy.exe
[01-HKCUREG] - VIP Anonymity - C:\Program Files\VIP Defense\VIP Anonymity\VIPAnonymity.exe
[05-SERVICE] - CDPUserSvc_1ab5d94 - C:\WINDOWS\system32\svchost.exe -k UnistackSvcGroup
[05-SERVICE] - FLEXlm License Manager - C:\SEFlex\Program\lmgrd.exe
[05-SERVICE] - MessagingService_1ab5d94 - C:\WINDOWS\system32\svchost.exe -k UnistackSvcGroup
[05-SERVICE] - OneSyncSvc_1ab5d94 - C:\WINDOWS\system32\svchost.exe -k UnistackSvcGroup
[05-SERVICE] - PimIndexMaintenanceSvc_1ab5d94 - C:\WINDOWS\system32\svchost.exe -k UnistackSvcGroup
[05-SERVICE] - UnistoreSvc_1ab5d94 - C:\WINDOWS\System32\svchost.exe -k UnistackSvcGroup
[05-SERVICE] - UserDataSvc_1ab5d94 - C:\WINDOWS\system32\svchost.exe -k UnistackSvcGroup
[05-SERVICE] - WpnUserService_1ab5d94 - C:\WINDOWS\system32\svchost.exe -k UnistackSvcGroup
[19-EXTPLUG] - 1437381961516 - C:\Users\Administrator\AppData\Roaming\Mozilla\plugins\npNLiveCast64.dll
[19-EXTPLUG] - DEXTUploadNX - C:\Program Files\DEVPIA\DEXTUploadNX Client\npDEXTUploadNX.dll
[19-EXTPLUG] - Shockwave Flash - C:\WINDOWS\system32\Macromed\Flash\NPSWF32_24_0_0_194.dll
[21-SHELLEX] - itCmtMnu_Bz - C:\Program Files\Innotium\FootPrint2.6\itCmtMnu.dll
[EX-DRIVERS] - Neo_clrea - C:\Windows\system32\DRIVERS\Neo_0006.sys
[EX-DRIVERS] - Neo_VPN - C:\Windows\system32\DRIVERS\Neo_0094.sys
[EX-DRIVERS] - Neo_VPN2 - C:\Windows\system32\DRIVERS\Neo_0040.sys

Copyright (c) windowexeallkiller.com. All rights reserved.